ぺーいちがゆく!昔ながらの食堂と町中華を求めて!

最近、閉店するお店の情報を聞くたびに切なくなる、そんな今日この頃。自分の記憶に残しておきたい関東近郊を中心に行ったお店の記録を残していきます。これまではinstagram中心に活動してきた私ですが、そこだけでは物足りなくなってきたので、2018年から不定期でマイペースにアップしていこうかと思っています。決してグルメ情報というにはおこがましいかも知れませんが、いろんな形で表現していこうかと思いますのでご支援のほどよろしくお願いしまーす

【閉店】入船の萬金さんも店をたたむそうです… vol.13

f:id:imount69:20181217140404j:image

新富町駅から徒歩1分くらいのところにある萬金。

フォロワーさん(https://www.instagram.com/menrui_nado

がここの閉店情報をPostしたので気がついた。

昔勤めていた会社の近くで何度か行った覚えがある。

 

今思い返せばどんな店だったっけか?

らーめんと餃子を食べたことあるが、それ以外のメニューを食べたこと記憶がなかった。

あいまいみーな印象しか残ってはいなかったがそれくらいの店であっても記憶のどっかには残っていた。

人の記憶に残る。人に印象を与える。

どんな状況であれ、記憶に残らないものはその人にとってそれだけの存在。

フォロワーさんの度重なる萬金への情熱と昔行ったことのある、あの時の記憶や思い出。約20年前…

 

いろいろ考えるたびに、どうしても行きたくなってきて、気がついたらお店の前に立っていた。

f:id:imount69:20181217210625j:image
f:id:imount69:20181217210620j:image

中を覗くと満席だ。

どんな形であれ、情報社会によって、人は心を動かされる。私もその1人、薄っぺらな人間。でも、それの何が悪い。それによりお店は潤い、そして活気が生まれる。単にネットという情報社会に変わっただけだ。

まぁそんな事はどうでもいい。

 

とりあえず店に入ると、ちょうど空いた奥のカウンター席に通された。

f:id:imount69:20181217210818j:image

座った目の前にはメニュー表はない。

こんな張り紙がある。

f:id:imount69:20181218083250j:image

あぁ、噂はほんとだった。と思いながら

注文を聞いてくるまでの間、メニュー表が見えないカウンター席から、何を選ぼうかとしばらくボーッとしてると、後から入ってきた客に追い越される。あまり考えずに隣が頼むタイミングで、僕も同じの!と、ポークソテーを注文した。

 

しばらく待つ間、店の雰囲気を楽しむ。

単にボーッと厨房を眺めたり、となりの食べてる生姜焼きうまそうだなぁとか思いながら、頭空っぽにしてご飯を待つ。待てと言われてジッとよだれを垂らしながら待つ、バカ犬のように。

 

そして、それは目の前に届く。
f:id:imount69:20181217140443j:image

ポークソテー 900円

 

久々のこの店の味だ。こんな味だったのか。

旨いなぁ。普通だけどw旨い。

インスタ映えなどどうでもいい。

とにかく無我夢中にしっかりと醤油ベースの染み込んだポークソテーがご飯とよく合う。

特別旨いわけじゃないけど、この雰囲気の中でポークソテーを食べられる喜びを噛み締める。

 


f:id:imount69:20181217140435j:image

もうお皿には何も残っいないが

記憶に残るような存在だった。

そして、僕も人の記憶に残る存在となるであろう。

 

いろんな事を思い出させてくれてありがとう。

そして、本当に長い間、お疲れ様でした。